はいからやブログ

ARTICLE PAGE

「ITALO(イタロ)」 in ミラノ

日本から連絡を頂きました。お客様から「ブログ見てるよ!」と声をかけて頂き、本当に嬉しく思っております。有難うございます。今回も、沢山の ステキな出逢い に恵まれ、本当に嬉しく思っております。かなりハードな毎日ですが、引き続き イタリアから 最新 お洒落情報 をお届け出来ればと思っております。

今日は、イタリア5日目の12日。いつもより少し早起きして、ミラノに移動の準備。今朝は今までで一番の冷え込みも、朝日の眩い朝でした。早めに朝食を済ませ、少し朝の散歩に…。今日は土曜日ともあって沢山の観光客の方でした。そしていよいよミラノに移動。楽しみにしていた 新しい鉄道「ITALO」。
itaro (1)

実は私ごとで恐縮ですが1月10日にこちらで60歳の誕生日を迎えました。そう「還暦」を迎えた訳です。本来なら赤いチャンチャンコ…と成るのですが、幸せにも あのフェラーリ社の「ITALO」のフェラーリレッドに乗って還暦のお祝い、さあミラノに出発です!
itaro (2)

イタロは車内も快適で、大変嬉しいです。
itaro (3)

ミラノに到着して早速!今回絶対にお逢いしたかった智子さん に連絡。彼女は以前、はいからや のイベント関係のお仕事でお世話に成っていました。彼女は現在 ご自分の夢を追いかけて ここミラノでご修業中。今夜は3人で彼女お勧めのリストランテへ!

向かう途中で ステキなお店を見つけました。そこは ドゥオモからガレリアアケードを抜け、スカラ座の横をブレラ地区に向かう途中に有りました。「マッシモアルバ」のアンテナショップです。
milano (2)

シンプルでいて、何か暖かさを感じるさせる雰囲気に誘われて店内に。
milano (4)

自己紹介をして明日「white」で マッシモアルバ へ行く事を伝えると、スタッフの方がマッシモさんの奥様を呼んで下さいました。本当にラッキーな事に、丁度お店に来られていて、快く迎えて下さいました。少しお話をして 奥様のMARILENAさんやスタッフ達と記念写(マスターのお隣が奥様)を…!ショールームへのご招待もして頂きました。店内のステキさもさることながら スタッフの皆さんも大変ステキでお洒落さんでした。
milano (1)

マッシモアルバのお店を後に向かった先は ミラネーゼ にも大変人気のお洒落なブティックやリストランテ、バールが多く集まった「Brera」地区に有る 「Ristorante e Pizzeria new Art」 。
milano (3)

入り口は珍しく引き戸に成っていて中に入ると左手はバーカウンター、右手はお洒落なテーブル席が…。
奥に進むと右手に飾り仕切りが、その奥に現在イタリア、インテル・ミランで活躍する日本代表の 長友佑都選手 の指定席が有りました。サイドのワインケースには長友佑都選手のサイン入りユニフォームが飾られていました。
miano1 (3)

チーフのRenaioさんに「こちらがゆったりとお話しが出来ますよ…」と案内され、なんと長友シートへ。
miano1 (4)
メニューを注文していると「長友と同じだね…、彼は毎回同じ物を注文するよ…」と言われ、せっかくだったら今夜は 「長友メニュー」にする事に。

まず前菜は「Lagliere di aff ettati」数種類の生ハムの盛り合わせ 10ユーロ どの生ハムもとても美味しかったです。
miano1 (6)

パスタは「Spahetti con bottargadi maggine e code di scampi」カラスミのパスタ 適度な塩加減とシーフードの旨味 パスタの茹でて加減も最高でした。16ユーロ 
miano1 (7)


次は魚料理です「Brangino al sale」シーバスの岩塩の包み焼き32ユーロ レモンを絞り頂きました、あっさりとした白身の魚でこちらも大変美味しいお料理でした。

miano1 (8)
miano1 (9)

そして最後はデザート(Dolci)は「Tiramisu con savoiardi」イタリアのティラミスは本当に美味しいです。
miano1 (10)

素敵なディナーとワインに話しも弾み、あっという間に11時。親切に色々とお話しをして下さった、オーナーのMetalさんと記念写真。
miano1 (2)

お店のレジの後ろにはしっかりと 長友佑都選手 のイタリアの新聞記事が貼られていました。(ゴール後、日本の お辞儀 をする長友選手を紹介した現地の新聞。ミラノでは、長友選手のお陰で、日本の文化 お辞儀 が高く評価されているようです)

皆様も もしミラノへ行かれたら「Ristorante e Pizzeria new Art」是非お勧めです!Metalさん曰く、まだ日本人のご来店は少ないそうです。地元の人気店なので一応御予約を!その時「ナガトモシート ぺるふぁぼーれ」と言ってみられてはいかがでしょうか。
miano1 (1)

0 Comments

Post a comment