はいからやブログ

ARTICLE PAGE

はいからやマスター ママ in WHITE 2日目 part2

ホワイトを再度見て回った後、帰りは歩いて運河(Grand)を挟んで 落ち着いた街並が美しいNaviglio地区に有る、有名セレクトショップ「Antonioli」へ。
IMGA0674.jpg
シンプルな入り口横の大きなショーウインドには、少しアバンギャルドなブルーのジャケットが飾られていました。トーンを落としたライティングで、少々商品の色が分かりずらいのは、ここミラノでは良く有ること。思ったより奥に広い店内には、高い感性のやや尖った感の有るコレクションが、センス良くならべられていました。


ホワイト会場から約3時間ほどかけて、ゆっくりと街並みやショップを見ながらDUOMOに向かって歩いていると、HYDROGENのショールームから電話が…。「アルベルトさんがお待ちですよ…!」時計を見るともう 4時近くに成っていました。慌てて立ち寄っていた こちらも行ってみたかった人気のセレクトショップで、LEONでも度々紹介されている「Joost」店長のAntonio(写真右)さんにタクシーを呼んでもらって、HYDROGENのショールームの有る「via priv,c,Battisti 1」へ急ぎました。

white2 (1)

ここの建物内には HYDROGENの他にも、Neil Barrettなどのショールームがあり、この時期いたる所でshowなどが開かれていました。スタッフに案内され、ワインレッドにライトグリーンのスカルが描かれている重いドアを開けると、アルベルトが笑顔で迎えてくれました。
IMG_0182.jpg

IMG_0185.jpg
ショールームには 2013~2014 秋/冬 物の新作コレクションがセンス良く展示されていて、どこよりも早く見る事が出来ました。日本から来られていた他のバイヤーの方々からも「 良いね!」と声があがります。全体的に少し大人っぽさが加わり、来年はハイドロゲンの10周年にあたり『10Anniversaryコレクション』が発表されていて、着心地の良いカジュアルジャケットなどが目を引きました。

IMG_0197.jpg
社長のアルベルトには引っ切り無しに電話がかかり、スタッフ達も忙しく対応に追われていて…。ここでもハイドロゲンの人気の一端がうかがえました。私達も一通りコレクションの説明を受け、気になるアイテムは、試着などもして、オーダーは日本に帰ってからする事をアルベルトに告げ、お土産に持って来ていた『招き猫のマグネット』を手渡すと、アルベルトはとても喜んでくれました。
white2 (2)


帰る時、私達を見送ってくれたアルベルトが、ママの頬に「さよならのキッス」をしたので、私が「私達が結婚して35年で、ママは初めて私以外の男性とのキッスだよ…。」と言うと アルベルトは「 貴方が知らないだけですよ…!」とイタリアンジョーク(笑)。そして、あの愛らしい笑顔で「必ず またお逢いしましょう…。」と、見送ってくれました。ミラノ3日目、今日も忙しく 楽しい一日が無事に終わりそうです。
hydrogen.jpg

0 Comments

Post a comment