はいからやブログ

ARTICLE PAGE

大人のダンディズムに学ぶ PAL ZILERI

午後からは 大人の男性を お洒落に引き立ててくれる イタリア紳士服を代表するブランド PAL ZILERI のプレゼンテーションに行って来ました マモル35号です。


ミラノの中心地 ミラノで 最もお洒落な人たちが集まるストリート モンテナポリオーネ にあるショールームに向かったのですが…
20140112 (37)

今日は日曜日、そして 多くのお店で SALDI( バーゲン ) 真っ只中と言うことで、モンテナポレオーネ通りは 買い物を楽しむ家族連れや 若いカップルを初め 、お洒落な ミラゼーネで大賑わい!
前に進むのも一苦労する程の人の数でした。

20140112 (38)
近くには ミラノでも セレブマダム御用達の ドイツの名門ブランド ESCADAのショップも!

20140112 (40)
こちらも 人気のジュエリーブランド ポメラートの中で 可愛い動物をテーマにデザインしたジュエリー DODO のショップ。その横に建つヨーロッパらしい建物の中に PAL ZILERI のショールームが有ります。

20140112 (14)
警備員にかるく笑顔で挨拶をして、少し狭く感じるエレベーターで 上に上がると ようやく プレゼンテーション会場に到着です。

20140112 (12)
会場フロワーは 世界各国のバイヤー達で大盛況 !偶然 私達と一緒になったのは 、今や メンズファッションの取り扱いでは 日本一有名なデパートの担当者でした〈笑

20140112 (9)
PAL ZILERI 2014年秋冬のコレクションのテーマは 映画監督ルキノ・ヴィスコンティの世界観

20140112 (8)
こちらは マネキンではありません…まるで陶器の様な 美しい肌のモデルさん達です。スタイルが違いすぎです…横に並ぶとこんな感じです〈涙

20140112 (41) 
笑顔の素敵な クリエイティブ デレクター である フランス人の イバン・ベンバナステ氏と。

20140112 (5)
イバン氏のお勧めは こちらのドージェジャケットです。

20140112 (6)
ピーチスキンのような肌触りのシルク100%素材 このジャケットは、まるでショールをまとう様な、軽く優しい羽織り心地でした。生地は 世界を代表する生地メーカーの名門 「 コロンボ 」社の生地を使用。

20140112 (11)
2014年の春夏でも注目のカラーは「 イタリアンブルー 」2014年は秋冬も 引き続き 「 ナポリブルー 」が印象的。1960年代のダンディーに学ぶ PAL ZILERIらしいスタイルが美しい コレクションの数々でした。


華やかなプレゼンテーションも終わり 冬のミラノは あっと言う間に日が沈んで行きます…

日曜日はお休みのお店や 、普段よりも 営業時間が 早く終わってしまうお店が多いので 、今夜は ウインドショッピングを楽しみながらホテルまで帰ります 。ミラノ中心部には、はいからや でも お取り扱いさせて頂いているブランドのショップが沢山あり、アイデア溢れる ウインドウディスプレー を見て歩くだけでもとても勉強になります。
20140112 (25)
石畳の落ちついた ブレラ地区の街並み 歴史を感じさせる建物に、センスのいいディスプレイが やさしい照明の中に浮かび上がる マッシモアルバの フラッグシップ。
20140112 (26)
ミラノのお洒落さん達は 夜のウインドショッピングが大好き!多くの ミラネーゼが立ち止まっていた スピーガー通りにお店を構える 「 ツインセット 」のショーウィンド。
20140112 (27)
こちらも スピガー通りから カナコ35号も 熱心に 魅入っていた はいからや でも人気のブランド 「 セブンティー 」
20140112 (28)
ショーウインドからも その 素材の良さ 上質さ 上品さが伝わって来ました。いつか 是非 ここのカシミヤのコレクションを着てみたいです 「 コロンボ 」のショーウィンド
20140112 (29)
少し 暗かったのですが 独特の世界観が感じられた 「 ランバン 」
20140112 (30)
PITTI で ご本人とお逢いして すっかり大ファンに成ってしまいました 。いつか着てみたい 「 ブルネロクチネリ 」
20140112 (31)
ショーウィンドを覗くと いきなり目に飛び込んで来る 巨大な クリスタルスカル 迫力の 「 フィリップ プレイン 」
20140112 (32)
はいからや では この秋冬シーズン 久々に取り扱いました 老舗ブランド 「 ポリーニ 」
実はカナコ35号 今回の出張にポリーニのブーツを履いています。ハードスケジュールの中、ガンガン石畳を歩いても疲れ知らずのポリーニのブーツの履き心地の良さに、大感謝です。
20140112 (33)
雨傘を使ったディスプレイから伝わって来る世界観がさすがに印象的だった 「 モスキーノ 」
20140112 (34)
ニット製品は勿論 生地、素材 の王様 と言っても良いでしょう イタリアを代表する 高級ブランド「 ロロピアナ 」

忙しい中にも 充実感を感じる 楽しい一日でした さあ! 明日は 今日よりも もっと ハードな スケジュールですが、二人でしっかりと勉強して参ります。次のブログも どうぞお楽しみに…!

0 Comments

Post a comment