はいからやブログ

ARTICLE PAGE

ハイドロゲンの魅力

今日は 朝から とてもタイト&ハードなスケジュールと成りました!マモル35号です。
ミラノ市内に分散する 色々な場所で開催されている展示会の為、ショールームや 展示会場を いかに効率良く回るにはどうすれば良いか…?全てをタクシーで廻るにはお金が掛かるし… 大きな荷物を持って歩くのには チョット遠いし… 地下鉄では かえって不便な場所もあるし スリなども不安だし…、と!二人で色々考えた結果 見つかりました。今 ここミラノや パリなどでも人気の「BIKEMI] と呼ばれる とてもお洒落な レンタル自転車を借りる事にしました。
20140113H2J (1)
ここミラノ中心部は「BIKEMI」(バイクミー)レンタル自転車のサービスステーションが街中で、主要な所になんと105ヶ所も有り 観光客は勿論の事 地元のミラノっ子にも大人気なのです。なんとスマホでも予約可能!そして1日2,5ユーロ。どうですか カナコ35号 ミラネーゼに成ってますか?

20140113H2J (4)
目的地近くの駐輪所で乗り捨て&再レンタルOK!(後ろの近代的近代的なビルは新聞社 近くには お洒落なミラノっ子に 人気のセレクトショップ 10コルソ・コモ が有ります。)

20140113H2J (2)
時々自転車を止めては 地図を見たり 地元の人に道を尋ねたり、あっち や こっち や迷いながら、タイヤから伝わる 石畳の振動を楽しみながらも、路面電車の線路の溝にはまって 転倒しないように 注意しながら(笑)気持ち良く走って行きました。

20140113H2J (3)
ファッションの街ミラノならではの お洒落な広告に出会えたり…行き交う人 路地を吹く風、聴こえてくるイタリア語。初めて見る見知らぬ景色を 直接肌で感じながら、次第に土地勘も把握出来てきて とてもご機嫌で便利な バイクミーでした。これからミラノを訪れる皆様は 是非チャレンジを 絶対にお勧めですよ!


そして私たちは ミラノ中心地から少し離れた場所に有る ハイドロゲンのショールームへ!そこは 多くのメーカーやメジャーブランドのショールームが集合するお洒落なエリア。その一画に有るビルのワンフロアー有るショールームのワインレッドのドアには ライトグリーンのスカルがお出迎え。少し重いそのドアを開け、中に入るとアルベルトが笑顔で出迎えてくれました。彼とは PITTIで「ショールームで会いましょうね!」とお約束はしていましたが、お忙しいスケジュールの中 時間を作り、その上 私達のために軽食まで用意してくださり、心良く出迎えてくれたアルベルトに 二人とも感激してしまいました。
20140113H2J (5)
そして 2014-15新作秋冬コレクションとご対面!毎回ですが、新しいコレクションに出会うときはワクワクします。まして今日はデザイナーのアルベルト本人から説明を受けると言う事で 二人とも何時も以上に ワクワク^_^ドキドキです。

20140113H2J (7)
アルベルト自身が次々とコレクションのサンプルを羽織ながら…^_^

20140113H2J (10)
デザインのこだわりや ポイントを丁寧に説明してくれます。

20140113H2J (11)
ところで アルベルト お勧めの最新コレクションは?

20140113H2J (12)
今や トレードマークになった スカルをあしらった新しいデザインは勿論ですが ハイテク素材を使ったNEWコレクションや…^_^

20140113H2J (16)
クラッシックなテイストを取り入れたアイテムも充実

20140113H2J (17)
昨年10周年を迎えたばかりのハイドロゲンは こちらヨーロッパでも 今まで以上に人気を高め

20140113H2J (18)
より ラインナップが充実 ますます魅力的なコレクションが いっぱいでした。


20140113H2J (19)
最後は 三人での記念写真をお願いしました。会えば必ず気さくに声をかけてくれるアルベルト。そして、いつ会っても とても優しい笑顔で接してくれるアルベルト。ハイドロゲンのコレクションの魅力は、アルベルトご自身の魅力から生まれ来るのだと 改めて実感させて頂きました。
今回 見せて頂いた素敵な商品の数々を 皆様にお届け出来るのは まだ先になりますが、2014-15年秋冬コレクションを 是非是非お楽しみに!

あっと言う間に時間は過ぎて アルベルトにもお別れを告げ(もうお別れ?と後ろ髪を引かれながら…)次の目的地に向かって さあ出発です…(^o^)

0 Comments

Post a comment