はいからやブログ

ARTICLE PAGE

「大事にしていたのに…!」

今日は雨ですね。明日も雨かな…?
今年は長い梅雨になりそうですが、この時期、お客様からよくあるご質問をご紹介します。

数年前に買い求めた牛革製のバッグ。とても使いやすく、デザインも気に入っているため、普段は買った時に付いていた布の袋と箱に入れ、タンスの奥に大切に置いていた。ところが、出かける時に出したところ、何やら革の表面がベタベタする感じ。少し気になったが、持って外出したら、白いパンツに黒い色が少し付いてしまった…。との事

早速バッグを見せて頂くと、確かにバッグ全体にベタつきがありました。以前にも、シャネル、グッチ、ルイ・ヴィトン、etcとそうそうたる一流ブランドでも、同じ様な事がありましたが、これはバッグだけではなく、スーツやジャケットの襟シンなどにも細かなシワが出たりとか、梅雨のある我が国では、避けられないトラブルの一つなのです。

お預かりしたバッグは、その日の内に大阪の代理店へ送り、何か良い方法は無いか、只今検討中なのですが、相手は革の大敵“湿気”。長い時間をかけて革に入り込んだ湿気が、革の劣化やカビの原因となります。

対策としては、バッグの中に紙など(新聞紙も有効です)を詰め、出来るだけ風通しの良い所に保管。かと言って、直射日光も大敵。こちらも劣化や色ヤケのもと…。実は防虫剤などもあまり入れ過ぎると、予想外のトラブルを生む事もあるのです。

今お預かりのバッグは、メンテナンスに出し、特殊な薬品を使ってベタつきを止める方法をとることになりました。どう出来上がったかは、また後日このブログでご報告させて頂きます。

皆様、大切なバッグを、大切にし過ぎない様十分ご注意を…。


bag

0 Comments

Post a comment