はいからやブログ

ARTICLE PAGE

コーディネートのシメは ショールや グローブで小粋さ倍増…!



いよいよ12月も目前 何かと慌ただしく成って参ります 皆様お変わり無いですか…?熊本では シンボルの阿蘇山が小規模噴火を起こし 本格的な火山活動が懸念されます。阿蘇山と言えば 私も何年か前に家族で行った事が有りますが 、あの雄大な山がモクモクと火山灰を吹きだしている様子をテレビで見ると 私達が暮らしている「 地球と言う星は活きているのだと…」改めて考えさせられました マスター61号です。

3連休明けは少し穏やかでしたが 来週からは 厳しい寒波がやって来るとか・・・街にクリスマスソングが流れる頃は 本格的な冬到来ですね。 今までのブログで ニットや ジャケット、アウターウエア等をご紹介させて頂きましたが、今回は「 バッチリコーディネートを より際立たせる隠し味 」お洒落なショールと グローブをご紹介させて頂きます。 

DSC00206.jpg
最近はデザインは勿論 サイズや色柄なども お洒落に多様化して来ているショール。女性物は勿論ですが 男性物も大変お洒落なデザインのショールが沢山見られます。その巻き方も 一般的なタイプから ファッション誌をきっかけに流行り巻き方に成った 「 イタリア巻 又は ジョルジィナ巻 」今シーズンイタリアでのトレンドは、少し大判のショールを肩までかかる様にゆったり巻くスタイルなど ショールが果たす「 ファッションアップ 」の役割は かなり大きく 重要に成って来ています。 

首元をショールで温めることで 体感温度は4度以上変わるとか… 正確な数かどうかは解りませんが、20数種類有ると言われているマフラーやショールの巻き方から お洋服や T.P.Oに合った巻き方で冬のお洒落を楽しみたいですね。
( 上 )紺と白のドット柄とヘリンボーン柄の2パターンを楽しめるお洒落なショール「 SIVIGLIA・シビリア 」¥17,000+税  ( 下 )ボルドーに白のドット柄とボルドーに赤のストライプ柄のリバーシブルのショール「 DANIELE ALESSANDRINI・ダニエル アレサンドリニ 」¥17,000+税
 
  DSC00207.jpg
グローブもこれからの寒い冬を 暖かく そしてお洒落に楽しんで頂くための大事なアイテム。デザインや素材は勿論 お洋服にポイントを持たせるため お色にも拘って見ると 貴方のお洒落度も もうワンステップアップ!

( 右 )なめしの柔らかいナッパカーフの手の甲全体にデザインの異なる数種類のスタッズが打たれ 手首とインナーは100%ウールのスタイリッシュなグローブ「MESSAGERIE・メッサジェリエ 」¥32,000+税 
( 中 )こちらも 上質なナッパカーフにステッチイングのデザイン 手首とインナーは100%ウールのシンプルながらお洒落なグローブ「MESSAGERIE・メッサジェリエ 」¥23,000+税 
( 左 )インパクトの有る 黒と白のハラコ素材のゼブラ柄にポイントと成る短いジッパー。手の平部分は なめしの良いナッパカーフ、インナーは100%カシミヤウールの個性溢れるお洒落なグローブ「GUANTI・グアンティ 」¥38,000+税 全て MADE IN ITALY

DSC00208.jpg
スタッズ一つ一つにもデザイナー「MESSAGERIE・メッサジェリエ 」のお洒落への拘りが…

DSC00209.jpg
インパクトの有るデザインも カシミヤウールの黒や濃紺のコートの袖口のワンポイントとしては なかなかの名脇役ぶりを発揮する事間違いなし

DSC00210.jpg
お袖口のワンポイントとしては お色も重要
( 右 ) 今年の注目カラー 「 ボルドー 」の見るからに 上質のなめし革の柔らかさを感じさせるグローブは なんと あの人気デニムブランド「 JACOB COHEN・ヤコブ コーエン 」の物 インナーは100%カシミヤウール¥38,000+税 
( 左 )イタリアンブルーとマスタードイエローの2色遣いがお洒落なグローブ ネイビー系のコーディネートは勿論 グレーやブラウンのジャケットやコートのお袖口から こんなグローブがのぞいていたら 思わず「 技あり 一本! 」と言いたく成りますね。こちらもインナーは100%カシミヤウール「PISTOLA NAPOLI・ピストラ ナポリ 」¥23,000+税

DSC00211.jpg
最近人気の高い ファッション誌の 街のスナップ写真集からも 「 技あり 一本! 」のコーディネイトアイデアは 要チェックですね

DSC00218.jpg

DSC00219.jpg
一度お買い求め頂くと 本当に長い間楽しんで頂ける ショールやグローブ。実は私も 毎年の様に新しく気に成るショールを見つけては買い求めるのですが、チョット新しいショールをするだけで 今までのお洋服が新しい輝きを見せるのも
ショールの魅力。

ここは是非 ヨーロッパを代表する ファッションの強者たちの小粋な「 着こなし術 」を取り入れて 寒い冬も お洒落に楽しみたいですね。  

0 Comments

Post a comment