はいからやブログ

ARTICLE PAGE

Chantecler(シャンテクレール)CAPRIと共に素敵な旅を…ジュエリーコレクション展開催致します。

今日は青空に陽射しがキラキラ 日中はとても心地よい 岡山 倉敷となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。いつもブログもお楽しみ頂け 本当にありがとうございます カナコ39カラットです。

お忙しい中 今日もご来店下さいましたお客様 ありがとうございました。入荷したてのアイテムを お客様らしく可愛く着こなされ、コーディネートをお勧めさせて頂きながら、私も一緒にウキウキ テンションUPUP♪すっかり春のお洒落モードになっております。また、ご遠方でもいつも必ずご来店頂けありがたく思います。これからも、責任を持ってコーディネートのお手伝いをさせて頂けたらと 嬉しく思います。


今日はこちらの映像を是非ご覧くださいませ♪


カプリ島の豊かな自然と明るく幸せのスピリットが映し出されたプレシャスジュエリー

昨年大変ご好評頂きましたコレクション展

Chantecler (シャンテクレール) CAPRI ジュエリーコレクション展 
2月23日(金)~2月25日(日)  今年も開催させて頂きます。


20180220s (1)

イタリア南部 ティレニア海にある 小さな島 『カプリ』
青の洞窟で有名なこの島は、世界のセレブリティー達の憧れのリゾート地です。
そんなカプリ島で1947年にピエトロ・カプアーノとサルバトーレ・アプレアが初のジュエリーブティックをオープンし、今も多くの世界的セレブを顧客にもつジュエリー Chantecler (シャンテクレール)

20170222chan_R.jpg
日本では ペニンシュラ東京 でしか見る事が出来ないコレクションを 今年も はいからや でご覧いただけます。

20170222chan (2)_R

小さな「幸運のベル」のジュエリー (カンパネッラ)

シャンテクレールの代表作のベル(カンパネッラ)は、幸運と喜びの詰まったジュエリーです。第二次世界大戦の終わりを記念して、アメリカのルーズベルト大統領に贈られた カンパネッラ は、今でもNYのルーズベルト博物館に展示されています。
20170222chan (4)_R

カプリの自然をイマジネーションの源に、選ばれた天然石を複雑で繊細なフォルムに仕上げていく職人技術は、宝石界のオートクチュール。熟練したイタリア人職人だけがつくることを許されています。

20170222chan (5)_R

また、ホワイトコーラル、レッドコーラル、ピンクコーラルなどの貴重な珊瑚を魅力あるジュエリーにするブランドとしても知られています。

20170222chan (3)_R

前回選んで頂いた物に 少しずつコレクションをプラスされ

20170222chan (1)_R

少しずつ ご自分だけの特別なコレクションが完成する・・・

20180220s (3)
chanteclerコレクションの楽しみ方でもあります

20180220s (2)


71年もの永きの間 積み重ねられた歴史の重さの中には、世界中のChantecler (シャンテクレール)を愛する素敵な女性たちの美しい笑顔と 喜び 幸せが詰まっています。そして今年も世界中でまた新たな喜びと幸せが加えられていく・・・、さあ あなたもその輝く小さな美しい宝石と共に 人生の大きな輝きを重ね合わせてみませんか?

私達も楽しみにしています。是非この機会に カプリの天使 Chantecler (シャンテクレール) の魅力をご堪能下さいませ。お待ち致しております。



「お洒落って本当に楽しいですね・・・!」

Ciao!Ciao!Ciao!



Chantecler (シャンテクレール)歴史

創設者のピエトロ・カプアーノは、ナポリの歴代宝石商の家系に生まれた最高級のジュエリーに対する深い情熱を持つ外交的な変わりセレブな青年で、「シャンテクレール」というニックネームで愛されていた。もう一人の創設者であるサルバトーレ・アプレアは、芸術と宝石をこよなく愛し、確かな審美眼と才能に恵まれた、クリエィティブな若者だった。

シャンテクレールは、2人が惚れ込んだ宝石との出会いから始まり、時には何か月も手元に置き、カプリ島のマジカルパワーを伝える色彩と感性でジュエリーに仕立てられた。

その後、アプレア家の娘マリア・エレーナとコスタンザ、息子ガブリエッレと妻のテレーザが後継者となり、伝統の中に新しい息吹と想像のエネルギーを見事に調和させ続けている。

1947年から60年までの主力商品は、さまざまなフォルムの本真珠(現在ではきわめて貴重なジュエリー)。それらは動物に姿を変え、ファンタジーあふれるコンポジションを織りなしながら、しばしばカラー・ダイヤモンドと組み合わせてブローチやネックレスに仕立てられた。また、幾重にも巻いて、ブレスレットやベルトとしても楽しまれているロング・ネックレスを含め、プレシャスなハイジュエリーは世界中の富裕層を虜にし続けていく。

1947年 イタリアの高級リゾート カプリ島で初めてのジュエリーブティックをオープン。世界中のセレブリティたちがこのブティックを訪れ、顧客になる。

ハイジュエリーのファーストコレクションが誕生。このジュエリーは、2012年に“カプリ1947・コレクション”としてリバイバルされる。

1983年 ブランドネームとカプリのマジックパワーを持つピアツェッタ、ロック、ルースター、マーメイドやカエルなどをモチーフとした“ロゴ・コレクション”をスタート。ゴールドやシルバー、ダイヤモンドとの組み合わせなど、華やかなアイコンのジュエリーは人気コレクションのひとつとなっていく。

1994年 イタリアの高級リゾート地、コルティナにブティックをオープン。

2000年 シャンテクレール ブランドの日本初上陸、イベント販売を中心に展開。

2003年 イタリア ミラノにブティックをオープン。

2005年 東京 南青山にショールーム、プレスオフィスを兼ねた青山サロンをオープン。

2007年 東京 有楽町のザ・ペニンシュラ東京1Fに旗艦店となるインショップブティックをオープン。

2009年、イタリアシャンテクレール本社のショールームをミラノへ移転。
    
2012年、カザフスタン アスタナにブティックをオープン。
    
2013年、香港にブティックをオープン。
    
2014年、香港に2号店となるブティックをオープン。

2015年、ハイジュエリーのクリエーションにとどまらず、シルバージュエリーの充実にも尽力。ハートをモチーフとした“ラブレター・コレクション”“エ ヴォイラ アムール・コレクション”、そしてカプリ島を囲む地中海に住む生き物たちをモチーフにした“スクニッチ・コレクションを発表。
    
2015年11月、ザ・ペニンシュラ東京1Fをリニューアルオープン。太陽が降り注ぐ明るいカプリ島を感じるライトなサンドベージュの内装となり、解放感と親しみのあるブティックへ生まれ変わる。

2016年、カプリのブティックの顧客であったジャクリーン・ケネディ・オナシスの好きな洋梨と、カプリの雨のしずくをモチーフにした“ジョイフル・コレクション”を、カプリ島の自然の色や美しさと組み合わせモダンにデザインした“カプリフル・コレクション”を発表。

2017年、シャンテクレールは70周年を迎えました。